住み込みの仕事なら新聞配達.jpです。即決・即入寮可能。就職フルサポートであなたをとことんバックアップ!

0120-81-0502
お問い合わせ
51

『女性スタッフも活躍しています』

『女性スタッフも活躍しています』

新聞配達と言えば男性の仕事だと思われがちですが、実は女性も多く働いています。

深夜から早朝にかけて、バイクに乗って走り回るというのは楽な仕事ではないかもしれません。雨や風など天候にも左右されます。まぎれもなく肉体労働であり、辛いか辛くないかといえば、確実に辛い部類に入ります。
しかし、立派な体格や腕力が必要な仕事かといえば、まったくそんな事はありません。原付バイクに乗って両足がしっかり着けば大丈夫です。150cmぐらいの小柄な女性でもバリバリ働いています。他のガテン系の仕事に比べると、体格や体力面でのハンディは少ないのかもしれません。

事実、販売店内で1番配達が早いのは最年長のお爺ちゃんだったりもします。私の知る限りでも、75歳まで現役で配っていて、誰よりも早く配達を終わらせる(しかもミスが無い)Kさんという方がいました。孫にあげるお小遣いと自分の趣味の為。また、なにより適度な運動による健康維持の為に配達業務に従事していましたが、先日、惜しまれながら引退されたようです。

要は女性でも、年配の方でも、気持ちがちゃんと入っている方なら大丈夫なのです。むしろ最近は20代までに草食系男子が増えたのか、女性の方がガッツも有るようにも感じます。

今月面接にお越しいただいた中でも、22歳大学新卒のHさんは希望の業界に就く為に、配達・集金アルバイトをしながら機会を待ち、18歳のFさんはトリマーを目指して貯金に励みたいと応募をされ、同じく18歳のAさんは自分の性格を分析して、コツコツ真面目に配達に励みたいと志望してきました。
地域的なものや、家庭の事情など、住み込みの仕事を選ぶ理由はそれぞれですが、共通しているのは皆、地に足が着いているというか、しっかり目標に向かって頑張りたいという気持ちが伝わってきました。

新聞配達の仕事は格好の良いものではありません。おしゃれとはほど遠い泥臭い仕事です。時間も特殊なので、初めのうちは何度か辞めたくなるかもしれません。しかし、目標にむかって努力する方にはとてもお薦めできる仕事です。バス・トイレ付のワンルームが用意されて、給与も他の仕事より稼げるでしょう。生活面での心配は無用です。ぜひ、夢を叶えられるように頑張っていただきたいと願っております。

都内の新聞販売店の中には、配達スタッフの過半数が女性というお店もあります。お客様からの評判もよく、真面目に働かれる方が多いので、所長さんからもご要望いただく事が増えてきました。ひと通り仕事を覚えるまでは、男性より時間がかかる事もありますが、1度身に付けてからはミスなくこなせる方が多いのでご安心ください。

興味がございましたらフリーダイヤル 0120-81-0502 まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。

2015年03月19日 |
  • 応募フォーム
  • 新聞販売店様へ
ページトップへ